+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【マウス G-Tune P5-RT 実機レビュー】スペックやベンチマーク紹介


この記事ではマウスコンピューターのゲーミングノートPC「G-Tune P5-RT」をレビューします。

・G-Tune P5-RTの実機レビューが見たい
・普段使い、クリエイティブワーク、ゲームができるノートPCが欲しい
・メリット・デメリットを知りたい

上記のような疑問を持つ方や購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

G-Tune P5-RTの特徴とスペック

OS Windows 11 Home
CPU Core i7-12700H
GPU GeForce RTX 3050Ti
ディスプレイ 15.6インチ
解像度 1920 x 1080(フルHD)
リフレッシュレート 60Hz
メモリ 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
幅 x 奥行 x 高さ 359.5 x 238 x 23.2
重量 2.04kg
参考価格 209,900円(税込)

CPUに14コア20スレッドで動作する第12世代Core i7を搭載。

GPUはGeForce RTX 3050Tiのモバイル版で、内蔵ディスプレイのフルHD解像度ならあらゆるゲームを快適に遊べる性能です。

本機の主な特徴は次の5つです。

・余裕の処理能力
・普段使いもサクサク動作
・高い拡張性
・使いやすいキーボード
・シンプルで所有感の高いデザイン

実際に使ってみたところ、かなりレスポンスが早くて使いやすいマシンですが、ディスプレイのリフレッシュレートが60Hzまでといったデメリットもあります。

対戦ゲームで上位ランクを狙うヘビーゲーマー向けモデルではありませんが、普段使いや動画編集などの作業が中心で、たまにゲームもしたい方には十分なスペックです。

また、マウスコンピューターを選ぶメリットとして、1年間の無償保証のほか、24時間365日の電話サポートも大きなポイント。

これから詳しく解説しますので、自分の利用スタイルに合っているかチェックしてください。

マウス公式サイトで見る


G-Tune P5-RTの外観をチェック


付属品は極めてシンプル。

箱も薄型軽量で保管場所に困りません。


15.6インチのフルHD液晶にテンキー付きのフルサイズキーボードを搭載。

重量は2.04kgとゲーミングノートとしては標準的で、大きすぎず重すぎないサイズ感です。

最大7.5時間駆動するバッテリーを内蔵し、長時間の移動やサブのノートPCとしても使いやすくなっています。


カラーはブラックでシンプルなデザイン。

光の加減でブラウン色にも見える高級感のあるボディーとなっています。


CPUとGPUを効率的に冷やす強力なクーリングシステムを内蔵しています。


キーボードはテンキー付きの日本語配列です。

キーピッチは一般的なデスクトップPCと同等の約18.2mmを確保。キーストロークは1.8mmでタイプ音も静かです。

スペースキー横の「無変換」「Alt」などのキー幅が小さめですが、タイピングに支障をきたすような使いにくさはありません。

タッチパッドは広く、タップ操作や滑りなどの反応は良好です。


キーボードはカラー表示に対応したバックライトを搭載しています。

専用のアプリ(CONTROL CENTER)を使用して好きな色に変更可能。


右側面のインターフェイスです。

・microSDカードリーダー
・USB Type-C(10Gbps)
・有線LAN

ネットワークは有線接続のほか、高速なWi-Fi 6にも対応しています。


左側面のインターフェイスです。

・USB Type-A(5Gbps)
・USB Type-A(480Mbps)
・マイク入力
・ヘッドフォン出力


背面のインターフェイスです。

・USB Type-C(10Gbps)
・HDMI出力
・Mini DisplayPort出力
・電源入力

インターフェイスについてまとめると、不足なものは無いと言えるほど充実しています。
(USB Type-Cは2ポートともに映像出力とPower Deliveryに非対応)


本体の厚みは約2.3cm。ディスプレイ部分はこの角度まで開きます。


液晶は15.6インチのフルHD(1920 x 1080)です。

ノングレアの液晶で写り込みも少なく、ゲームやエンタメ利用に最適でしょう。


視野角の広い液晶で斜めから見ても色合いにムラがなく、非常に鮮やかな発色です。


ディスプレイのフレームレートとリフレッシュレートを確認できる通称UFOテストの結果です。

本機の液晶はリフレッシュレート60Hzなので、フレームレートは60fpsが上限となります。

競技性の高いFPSゲームには向いていませんが、アクションゲームやシミュレーションゲームなどなら十分な性能です。
残像感も強く無いので、ゲーム向けの液晶と言えます。

UFOテストリンク


ディスプレイの上部にビデオ会議等で使える100万画素のWEBカメラとデュアルマイクを搭載。


充電アダプターは薄型で軽量です。

ゲーム機のコントローラーよりも薄く、重さは360gでした。

ゲームプレイだと充電アダプターはほぼ必須ですが、持ち運びも苦にならない大きさ、重さです。


スピーカーは底面の左右に配置されています。

低音の響きは弱いものの、音が割れることなく必要十分な音質です。

G-Tune P5-RTの性能をチェック

以下の項目をテストしたので参考にしてください。

・CPU性能
・グラフィック性能
・ストレージ性能
・ゲーム性能
・動作音

なお、本機の性能を100%発揮できる「パフォーマンスモード」にて計測しています。

CPU性能チェック


G-Tune P5-RTに搭載されているCPUは、14コア20スレッドで動作する第12世代Core i7-12700Hです。

圧倒的な性能を持っており、ゲームや日常使いだけでなく、動画処理などの重たい作業でも高いパフォーマンスを発揮できる超高性能CPUです。

もちろんWordやExcelなどのオフィスアプリはサクサク動作する性能で、まったくストレスはありません。

ビジネス向けの薄型ノートPCに採用される最新の第12世代 Core i5-1240Pよりも圧倒的に高い処理能力がポイント。

上位のCore i9-12900Hには劣りますが、十分な性能と言えるでしょう。

グラフィック性能チェック


3DMarkのグラフィックススコアは「14588」でした。

本機のGPUはミドルクラスのRTX 3050 Tiであり、CPUに内蔵されているグラフィック機能よりもはるかに高いパフォーマンスが特徴です。

内蔵ディスプレイで遊ぶ分には全く問題なく、ほとんどのゲームは快適指標である60fpsに張り付いて遊べます。

よりスムーズなゲームプレイを望むなら外付けのゲーミングモニターをつなげる必要はありますが、そこまでやり込まない人にとっては十分すぎる性能です。

ストレージ性能チェック


Cドライブの512GB SSDをCrystalDiskMarkで計測。

読み込み2244MB/s、書き込み1161MB/sでOSやゲームの立ち上がりは爆速です。

また、初期状態のストレージ空き容量は435GBでした。

大きめのゲームを5本ほどインストールすると、ほぼ一杯になってしまいます。

たくさんのゲームで遊びたい人は注文時のカスタムで1TBに交換するのがおすすめです。

なお、本機は注文時のカスタムで2台目のSSDも増設可能です。

ゲーム性能チェック

ゲームプレイ時の処理が「軽い・普通・重い」の3つのタイプに分けてチェックしました。

【軽量級】原神/VALORANT
【中量級】FF14/Apex Legends
【重量級】FF15/Forza Horizon 5

【軽量級】原神


激しい動きが特徴の「原神」のフレームレートは、ゲームの上限値である60fpsに張り付いた状態で遊べます。

残像感も無く、キレイな映像で非常に快適です。

【軽量級】VALORANT


e-SportsタイトルのVALORANTも60fpsに張り付いて遊べます。

外付けのゲーミングモニターをつなげれば、300fps前後で動作する性能です。

【中量級】Apex Legends


中量級のApex Legendsも余裕で100fps以上を記録しますが、FPSゲームをがっつりやり込む人は外付けのゲーミングモニターが必要です。

人気のフォートナイトやPUBGなども中量級なので、同じくらいのフレームレートになります。

競技性の低いアクションRPGやシミュレーションゲームなら内蔵ディスプレイで十分と言える性能です。

【中量級】ファイナルファンタジー14


人気MMORPGのファイナルファンタジー14は、高品質設定で「非常に快適」に遊べる性能です。

フレームレートは60fpsに張り付いていたので、まったく問題ない性能と言えるでしょう。

【重量級】ファイナルファンタジー15


重たいゲームであるファイナルファンタジー15は、高品質設定で「やや快適」に遊べる性能です。

少し設定を下げれば「快適」に遊べます。

解像度 スコア 評価
高品質 5769 やや快適
標準品質 8391 快適

【重量級】Forza Horizon 5


重たいドライブゲームのForza Horizon 5は75〜80fpsを維持できる性能で、カクついた動きもなく非常に快適です。

レイトレーシングに対応しているので光の反射が美しく、リアルな映像で楽しめます。

ゲーム性能まとめ

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

軽量級 中量級 重量級

ほとんどのゲームは中量級までで動作するので、遊びたいゲームの参考にしてください。

あらゆるゲームを快適指標である60fpsのフレームレートで遊べます。

ヘビーゲーマーにとってはディスプレイが60Hzまでなのがデメリットですが、実際のところ、そこまでやり込む人は少ないです。

一般的なゲーム好きの方にとっては十分すぎる性能と言えます。

動作音チェック

G-Tune P5-RTの動作音をチェックしました。

【通常時:37db】
ネット閲覧やNetflix動画視聴などの日常使い

【ゲームプレイ時:51.6db】
高い負荷をかけた時

騒音の目安はこちらを参考にしてください。

21〜35db ささやき声
36〜40db 日常の生活音
41〜45db 扇風機の弱
46〜50db 扇風機の中
51〜55db 扇風機の強
56以上 かなりうるさい

普段使いではまったく問題ない動作音で、非常に静かです。

高負荷時には冷却音が大きくなりますが、不快な音ではなく、ヘッドホンをすれば気にならないレベルでした。

マウス公式サイトで見る

G-Tune P5-RTのおすすめカスタマイズ


本機はメモリやSSD容量の増設のほか、2台目のSSDを増設できるなど拡張性はかなり高いです。

より快適な環境を求める方には、次のオプションがおすすめです。

・メモリを32GBへ変更
・SSDを1TBへ変更
・外付けゲーミングモニター

メモリは基本的に16GBもあれば問題ありませんが、動画編集などクリエイティブな作業もしたい人なら32GBにしておくと安定します。

たくさんのゲームをインストールしたい方は、注文時に1TBのSSDへ交換するのがおすすめです。

また、本機のディスプレイは60Hzなので、より高いフレームレートで遊びたい方は外付けモニターをつなげるとFPSゲームも快適に遊べます。

安くて高性能なおすすめのゲーミングモニターについては関連記事を参考にしてください。

【関連】144Hzゲーミングモニターおすすめランキング

【まとめ】G-Tune P5-RTはこんな人におすすめ


以上がG-Tune P5-RTのレビュー内容です。

本製品は次のような人におすすめします。

・20万円前後のゲーミングノートを探している人
・普段使いとゲームができるPCを探している人
・動画編集など重たい作業もしたい人

普段使いやクリエイティブ作業が中心で、たまにゲームを楽しむ人におすすめです。

拡張性も高く、約20万円で購入できる価格も高ポイント。セール時は2万円程度の値引きも期待できるので狙い目です。
気になる方は、ぜひチェックしてください。

マウス公式サイトで見る

マウスコンピューターは最大36回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々1000円~の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。
詳細はこちら

おすすめゲーミングPCのまとめ記事

おすすめのゲーミングPC

【性能重視】ゲーミングPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングPCおすすめランキング


おすすめのゲーミングノート

【性能重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング


ゲーム別のおすすめゲーミングPC

【FF14】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【PUBG】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【フォートナイト】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【Apex Legends】おすすめゲーミングPC比較まとめ


BTOメーカー別のおすすめゲーミングPC

【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング

【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【マウス】おすすめゲーミングPCランキング

【ツクモ】おすすめゲーミングPCランキング

【レノボ】おすすめゲーミングPCランキング


おすすめゲーミングモニターのまとめ記事

他にもゲーミングモニターやPCモニターのまとめ記事を公開しています。

新製品や在庫切れ、モデルチェンジなど随時更新しているので、参考にしてください。

人気で売れ筋のおすすめゲーミングモニター

【性能重視】ゲーミングモニターおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングモニターのおすすめランキング


性能別のおすすめゲーミングモニター

144Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

240Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【性能重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【予算重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング


ゲーミングPCが買えるおすすめのBTOメーカー