+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【G-Tune HM-B レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説

f:id:korekai:20220208212822j:plain
この記事では、G-Tune HM-Bをレビューします。

Core i7-11700&RTX 3060を搭載したゲーミングPCであり、20万円以下で購入できるコスパの良さが特徴です。

ApexLegendsでフルHDなら平均150fps、WQHDなら平均100fps、4Kなら平均60fps前後で動作。軽めのVALORANTであれば300fps近くで動作します。

また他のGPUと比較するとVRAMを12GB搭載しており、動画編集などのクリエイティブな作業もOK。CPUも8コア16スレッドで動作する高パフォーマンスなi7-11700です。

これからゲームを始める方にもおすすめの1台。GeForce RTX 3060搭載のデスクトップPCです。

■この記事で紹介する内容

・G-Tune HM-Bのスペック

・G-Tune HM-B レビュー

・G-Tune HM-Bのベンチマーク測定

・G-Tune HM-Bのおすすめカスタマイズ

・G-Tune HM-B レビュー:まとめ

G-Tune HM-Bのスペック、特長

f:id:korekai:20201207154820j:plain

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU Intel Core i7-11700
グラフィックス GeForce RTX 3060
メモリ 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
電源 700W 電源 (80PLUS BRONZE)
価格 197,780円

8コア16スレッドで動作する第11世代Intel Core i7-11700、GeForce RTX 3060を搭載。

メモリは16GB、ストレージは512GB SSDの構成です。

フルHDのみならず、ゲーム設定を調整すればWQHD解像度でも、FPSやTPS、MMOなど流行りのゲームは一通り快適に動作します。

グラフィックボードに搭載されているメモリ(VRAM)は12GBなので重いクリエイティブ系ソフトにも十分対応可能。

価格は197,780円〜、マウスは最大36回まで金利手数料0円で購入できます。

RTX 3060Ti搭載モデルは以下のレビュー記事を参考にしてください。
【関連】G-Tune HM-B-3060Ti レビュー

・20万円以下で購入できる
・i7-11700&RTX 3060搭載
・16GBメモリ、512GB NVMe SSD
・フルHD〜WQHD解像度で快適にプレイ可能
・VRAM 12GB搭載でクリエイティブ作業もこなせる

マウス公式サイトで見る

G-Tune HM-B レビュー

外観

f:id:korekai:20220208212822j:plain
ケースサイズはミニタワー型。ミドルタワー型と比べると一回り小さく、デスクの上でもそれほど圧迫感なく設置できます。

フロンドパネルにはG-Tuneのロゴ。フラットでシンプルなデザインです。

従来の前面吸気から底面吸気に。サイドパネルからも外気を取り込み、CPUやグラボ、ストレージ類をダイレクトに冷却する効率的なエアフローを実現しています。

サイズ 約189×396×390mm
重さ 約10.7kg

f:id:korekai:20220208212826j:plain
ケース天面はフラットでコントローラーやヘッドセット、スマホなどを置くスペースとしても使えます。

インターフェイスは以下。

・パワースイッチ(前面)
・USB 3.0×2(上面)
・オーディオ入出力(上面)
・HDMI端子(上面)

傾斜をつけることでデバイスの接続が簡単にできる構造に。

フルサイズのUSB3.0が2つ、オーディオ(マイク+ヘッドフォン等)もあるため、必要最低限揃っています。

HDMI端子は、VR向けヘッドマウントディスプレイやキャプチャーボードなどの接続も簡単です。

f:id:korekai:20201221185235j:plainf:id:korekai:20201221185240j:plain
ケース側面です。正面から向かって右側のみエアスリットデザインが施されています。

カスタマイズオプションでケース内部が見える強化ガラスサイドパネルに変更が可能です。

f:id:korekai:20220208212828j:plain
▲背面には120mmファン1基とリアパネル、電源、グラボ端子

電源はケース上部に配置。CPUやグラボからの熱もリアファンから効率的に排気します。

f:id:korekai:20201221185249j:plain
天面にあるHDMI端子は、背面にあるHDMI端子に繋がっています。

メスとオスのHDMIケーブルが内装されているイメージです。VR向けヘッドマウントディスプレイ用などフロント部分にHDMI端子があると便利な場合もあるでしょう。

※フロントHDMI端子はケース背面のHDMIケーブルを搭載しているグラフィックスのHDMI端子に接続をすることで使用可能となります。

f:id:korekai:20220208212831j:plain
▲リアパネルのインターフェイス

・USB 2.0 Type-Ax2
・USB 3.0 Type-Ax2
・USB 3.2 Type-C
・LANポート
・オーディオポート

フルサイズのUSB-Aが4つとUSB 3.2のUSB-Cです。

キーボード、マウス、ヘッドセット、外付けストレージを接続すると数に余裕はないです。

※天面にあるUSBポートを合わせると全部で7つ。

f:id:korekai:20220208212834j:plain
グラフィックボードのインターフェイスです。

最大4画面のマルチモニターに対応しており、広い領域で作業したい方にもおすすめです。

・Display Port×3
・HDMI

【関連】ゲーミングモニターのおすすめランキング5選

【関連】4Kゲーミングモニターのおすすめランキング5選

f:id:korekai:20220208212843j:plainf:id:korekai:20220208212846j:plain
PC内部です。ケーブルは裏側で配線されており、見た目もスッキリしています。また電源を上部に持ってくることでより広く、熱影響を最小限に。

このケースのエアフローは、底面から吸気してグラボをダイレクトに冷却。その後CPUや大きなコンポーネント類を効率的に冷却しながら後方の120mmリアファンから排気します。

公式サイトによると、エアフローを最優先した内部構造は理想的な冷却を実現。優れた拡張性とメンテナンス性により快適なゲーミング環境を構築とのこと。

f:id:korekai:20220208212848j:plain
トップフロー型のクーラーマスター製CPUクーラー。

カスタマイズで水冷クーラーに変更できます。

f:id:korekai:20220208212857j:plain
マザーボードはMicroATX規格。メーカーはASRock B560Mという型番でした。

f:id:korekai:20220208212905j:plain
M.2 SSDはヒートシンク付き。SKハイニックス製の512GB NVMe SSDです。

SATA3.0接続よりも超高速のNVMe接続で、OSやソフトウェアの立ち上がりはとても速いです。

f:id:korekai:20220208212908j:plain
ケース上部にHDD用のシャドウベイが1つあるので、増設できます。

f:id:korekai:20220208212859j:plain
▲16GB(8GB×2/デュアルチャネル)

メモリースロットは4つ。うち2本を使用しており、カスタマイズだと最大32GBまで増設できます。

f:id:korekai:20220208212851j:plain
グラボはGeForce RTX 3060 12GB。ツインファン仕様です。OEMなのでメーカーは不明。

GeForce RTX 3060は、前世代のRTX 2070と同等の性能で、コスパが良く人気のグラボです。

性能としてはフルHDで150fps〜、WQHDでも100fps程度で動作します。4Kだと設定次第で平均60fpsを維持できます。

人気のPUBGやApex LegendsなどフルHD(最高設定)であれば、平均150fpsを超えるフレームレートで動作します。

f:id:korekai:20211102102049j:plain
電源は700W。80PLUS BRONZEで電力変換効率のとても良い電源です。

この構成であれば、700Wで十分余裕があり、上位のグラフィックボードの交換してもそのまま使えます。

f:id:korekai:20201221185342j:plainf:id:korekai:20201221185346j:plain
底面のゴム足は4箇所。フローリングに置いた場合はグリップ効果で滑りにくかったです。

底面からの吸気するケースなので、スライドしてワンタッチで脱着&水洗い可能なマグネット式ダストフィルターが搭載。

ホコリが溜まりやすい場所ですが、メンテナンス性も高いです。

G-Tune HM-Bのベンチマーク測定

f:id:korekai:20191217133543j:plain
平均147fps(PUBG/ウルトラ設定)

レビュー実機はCore i7-11700とGeForce RTX 3060の構成です。

各ゲームの平均フレームレートを見てみると、フルHDで軽め〜中程度のゲームであれば150fps前後で動作しました。

重めのサイバーパンク2077やFF15でも60fps前後で動作する結果に。

フルHD WQHD
PUBG 147fps 94fps
フォートナイト 169fps 99fps
Apex Legends 158fps 89fps
FF14 135fps 95fps
FF15 90fps 65fps
サイバーパンク2077 60fps 40fps

ゲームの快適度をまとめると次のようになります。

解像度 軽量級 中量級 重量級
フルHD
WQHD
4K X

3D MARK

f:id:korekai:20210322115935j:plain

Time Spy 8657
Fire Strike 19292
Fire Strike Ultra 5087

FF14:非常に快適

f:id:korekai:20220208213706j:plain
FF14のフルHD解像度(最高品質)テスト結果。

FF15:快適

f:id:korekai:20220208213711j:plain
FF15のフルHD解像度(高品質)テスト結果。

ドラゴンクエストX:すごく快適

f:id:korekai:20220208213717j:plain
ドラゴンクエストXのフルHD解像度(最高品質)テスト結果。

CrystalDiskMark

f:id:korekai:20220208213727j:plainf:id:korekai:20220208213729j:plain
Cドライブの512GB SSD(NVMe接続)をCrystalDiskMarkで計測。

シーケンシャル速度は3449.52 MB/s(読み込み)、2827.67 MB/s(書き込み)でした。

NVMe SSDなので、OSやゲームクライアントの立ち上がりはとても速いです。

CPUZ

f:id:korekai:20220208213738j:plainf:id:korekai:20220208213740j:plain
CPUZのテスト結果。Core i7 11700は、8コア16スレッドで動作する高性能CPUです。

シングルスレッドは417.2、マルチスレッドは4332.0でした。

CINEBENCH R20

f:id:korekai:20220208213749j:plain
CINEBENCH R20のテスト結果。

G-Tune HM-Bのおすすめカスタマイズ

f:id:korekai:20211102102232j:plain

G-Tune HM-Bは、カスタマイズ不要な基本構成です。

空冷よりも効率的な水冷クーラーが8,580円で取り付けできるので、おすすめです。

ゲームクライアントを多く入れる方なら1TB SSDか1TB HDDを追加してもいいでしょう。

・1TB NVM Express SSD
・水冷CPUクーラー(Liquid Solution)
・ダイヤモンドグリス 親和産業 OC7


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒G-Tune HM-Bのモデル一覧

G-Tune HM-B レビュー:まとめ

f:id:korekai:20220208212822j:plain

・20万円以下で購入できる
・i7-11700&RTX 3060搭載
・16GBメモリ、512GB NVMe SSD
・フルHD〜WQHD解像度で快適にプレイ可能
・VRAM 12GB搭載でクリエイティブ作業もこなせる

以上が、G-Tune HM-Bのレビュー内容です。

フルHDで高リフレッシュレート、144Hzゲーミングモニターと使うには最適なゲーミングPCです。

パーツ構成もよく、20万円以下で購入できる価格も高ポイント。セール時では1万円程度の値引きが期待できるので狙い目でもあります。

CPU性能も良く、ゲーム実況や動画編集PCとしても使えるので、ストリーマーやYoutubeに動画をアップしたい方にもおすすめですよ。

RTX 3060Ti搭載モデルもあるので、セール価格をチェックしてお得な方を選んでください。
【関連】G-Tune HM-B-3060Ti レビュー

ゲーミングPCおすすめランキング

高性能で安いおすすめゲーミングPCランキング

マウス公式サイトで見る

マウスコンピューターは最大36回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々1000円~の支払いでゲーミングPCを購入できますよ。
詳細はこちら

おすすめゲーミングPCのまとめ記事

おすすめのゲーミングPC

【性能重視】ゲーミングPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングPCおすすめランキング


おすすめのゲーミングノート

【性能重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングノートPCおすすめランキング


ゲーム別のおすすめゲーミングPC

【FF14】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【PUBG】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【フォートナイト】おすすめゲーミングPC比較まとめ

【Apex Legends】おすすめゲーミングPC比較まとめ


BTOメーカー別のおすすめゲーミングPC

【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング

【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング

【マウス】おすすめゲーミングPCランキング

【ツクモ】おすすめゲーミングPCランキング

【レノボ】おすすめゲーミングPCランキング


おすすめゲーミングモニターのまとめ記事

他にもゲーミングモニターやPCモニターのまとめ記事を公開しています。

新製品や在庫切れ、モデルチェンジなど随時更新しているので、参考にしてください。

人気で売れ筋のおすすめゲーミングモニター

【性能重視】ゲーミングモニターおすすめランキング

【予算重視】ゲーミングモニターのおすすめランキング


性能別のおすすめゲーミングモニター

144Hzで選ぶ!ゲーミングモニターおすすめランキング

240Hzで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【性能重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング

【予算重視】4Kで選ぶ!ゲーミングモニターのおすすめランキング


ゲーミングPCが買えるおすすめのBTOメーカー