+ログ

あなたにおすすめのガジェットが見つかるブログメディア

【ドスパラ Lightning AH5 実機レビュー】スペックやベンチマーク、おすすめカスタマイズについて解説

f:id:korekai:20200615124133j:plain
ドスパラ Lightning AH5は、約7万円で購入できるデスクトップパソコンです。

CPUはAMD Ryzen 5 3500、GPUはエントリークラスのGTX 1650を搭載。ストレージは256GB NVMe SSD、メモリは8GBです。

オフィスソフト利用やウェブ閲覧など事務的な作業をメインに、ブラウザゲームや2Dゲーム、解像度やゲーム設定を調整すれば人気の3Dゲームまで広く対応できます。

上記の使い方で、できるだけ安く購入したいという方、テレワーク用のパソコンが欲しい方におすすめのモデルです。

この記事では、ドスパラ Lightning AH5のスペック、外観、性能、ベンチマークを紹介します。

■この記事で紹介する内容

・ドスパラ Lightning AH5のスペック

・ドスパラ Lightning AH5実機レビュー

・ドスパラ Lightning AH5のベンチマーク測定

・ドスパラ Lightning AH5のおすすめカスタマイズ

・ドスパラ Lightning AH5実機レビュー:まとめ

ドスパラ Lightning AH5のスペック、特長

f:id:korekai:20200417110812j:plain

OS Windows 10 Home (64ビット版)
CPU AMD Ryzen 5 3500 (3.6GHz-4.1GHz/6コア/6スレッド)
グラフィックス GeForce GTX 1650 4GB
メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx1)
マザーボード ASRock B450M-HDV
ストレージ 256GB NVMe SSD
電源 400W 静音電源 80PLUS
価格 ¥69,980+税

※スペックはドスパラ Lightning AH5を元に作成しております。

・約7万円で購入可能なミニタワーパソコン
・オフィスソフトなど事務的な作業向き
・低価格ながらもゲーム用としても使える
・テレワーク用のデスクトップPCとして
・キーボード、マウスが標準で付属

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ Lightning AH5のレビュー・評価を見る

ドスパラ Lightning AH5 実機レビュー

外観

f:id:korekai:20200615124137j:plain
ケースはDiginnos EM041というミニタワーケース。デスク上にも置ける大きさで拡張性も高いです。

今後の使用や目的に応じて、後からパーツ交換やアップグレードすることもできます。

サイズ 190(W)x420(D)x360(H)mm
重さ 約7.8kg


f:id:korekai:20200615124141j:plain
▲フロントパネルのインターフェイス

前面端子には、高速転送に対応したUSB3.0ポートを2つ搭載。USBメモリやスマホの充電、外付けHDDなどと接続できます。

またテレワーク需要に適したオーディオジャックもあるため、ヘッドセットがあればZOOMやSkypeなどで通話も可能。

最近は非搭載のデスクトップPCも増えましたが、DVDスーパーマルチドライブ付き。DVDの再生など需要のある方にとっては有り難い仕様です。


f:id:korekai:20200615124144j:plainf:id:korekai:20200615133519j:plain
ケース側面です。向かって左側には熱を逃がすための通気口があります。

奥行きは420mmなので、設置予定の机の上に置けるか、また余裕があるか確認すると良いでしょう。


f:id:korekai:20200615124147j:plain
▲背面には120mmファン1基とリアパネル、電源

ケース背面に120mmファンを搭載し、こもりがちな熱を効率的に排出。動作時の騒音抑える工夫も。


f:id:korekai:20200615124150j:plain
▲リアパネルのインターフェイス

・PS/2コネクター
・USB 2.0 x2
・DVI-D端子
・D-Sub端子
・HDMI端子
・USB 3.1 Gen1 x4
・LANポート
・オーディオ入出力

これだけあれば、キーボードやマウス、外付けHDD等を接続するには十分すきるUSB-Aポートの数です。へッドセット、マイク、外部HDDなどもたくさん接続できます。

ディスプレイへの出力はグラボから接続するので、こちらのDVI-DやD-sub、HDMI端子は使用しません。

【関連】PCモニター・液晶ディスプレイおすすめランキング5選

【関連】4Kモニター・液晶ディスプレイおすすめランキング5選


f:id:korekai:20200615124153j:plain
ディスプレイ出力端子にHDMI、DVI-Dを搭載し、2画面出力をサポートしています。


f:id:korekai:20200615124156j:plain
このミニタワーケースのサイドパネルを取り外すには、プラスドライバーが必要です。


f:id:korekai:20200615124200j:plain
PC内部です。ケーブル類は結束バンドで整理され、キレイにまとまっています。

電源は上部に配置されています。


f:id:korekai:20200615124204j:plainf:id:korekai:20200615124208j:plain
5インチベイ×2基、3.5インチオープンベイ×2基、3.5インチシャドウベイ×2基の豊富なドライブ搭載スペースを確保。

グラフィックスカードやHDDなどのストレージ、マルチカードリーダーの追加など高い拡張性を備えています。


f:id:korekai:20200615124211j:plain
▲SSDはPHISON PS5012-E12S 256G
SATA接続よりも速いNVMe接続のM.2 SSDを採用。

HDDと比較してもデータの読み書き性能が高く、またOSの立ち上がりやソフトウェアの起動がとても速い特徴があります。

基本構成で256GBと少ないので、データを多く保存する方は512GB以上にアップグレードするか、HDDを追加すると良いでしょう。

ソフトウェアやゲームクライアントはSSDに入れて、写真や動画、エクセルデータなどはHDDに保存するなど使い分けがおすすめです。


f:id:korekai:20200615124217j:plain
電源とCPUからの熱をリアファンで排熱するエアフローです。

AMD静音CPUファンなので、夏場など室温が高くなる時期は少し心配です。

やや交換が面倒ですが、自分で高性能なCPUファンと交換するのもありだと思います。

その際は、SocketAM4に対応したCPUファンを選んでください。


f:id:korekai:20200615124221j:plain
電源はHuntKeyの400W電源。電力変換効率は80PLUSです。

この構成であれば、400Wで十分余裕があり安定動作が見込めます。

80PLUS認証電源については、ドスパラの公式サイトで説明されていますのでご覧ください。

【関連】80PLUSで消費電力はどう変化するのか? STANDARDからTITANIUMの電源でチェック!


f:id:korekai:20200615124224j:plain
▲8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx1)

メモリースロットは2つ。うち1本を使用しており、最大32GBまで増設できます。


f:id:korekai:20200615124228j:plain
▲マザーボードは、ASRock B450M-HDV

・PCI-Ex16x1(グラボで使用中)
・PCI-Ex1x1
・メモリスロットx2(最大32GB)
・SATA3x4
・M.2x1(SSDで使用中)


f:id:korekai:20200615124231j:plain
▲グラボは、GeForce GTX 1650 4GB
エントリークラスのグラフィックボードで、フルHD環境のゲームプレイなら安定して動作します。

ただゲームタイトルによっては、ゲーム設定で負荷などを抑えた調整が必要となることも。

定番ゲームのベンチマーク測定してみましたが、FF14やドラクエ10などは快適判定に。

PUBG(高設定)やフォートナイト(高設定)だと平均60fps程度で動作することを確認済みです。

付属品

f:id:korekai:20200615124238j:plain
標準でキーボードとマウスが付属しています。

そのためモニターやテレビと接続してすぐに使うことが可能です。

ドスパラ Lightning AH5のベンチマーク測定

ドスパラ Lightning AH5は、第3世代AMD Ryzen 5 3500(6コア6スレッド)、GTX 1650 4GBを搭載しています。

以下のベンチマーク測定の結果から、オフィスソフト、資料作成、動画視聴、ネットサーフィンなど基本的な操作は一通り快適に動作します。

また大抵のゲームもプレイ可能で、重めのFF15もゲーム設定次第ではプレイできるスペックです。FF14やドラクエ10等はフルHD画質で快適動作判定でした。

3DMARK(TIME SPY):3530

f:id:korekai:20200615124828j:plain
3DMARK(TIME SPY)のテスト結果

FF14:11299(非常に快適)

f:id:korekai:20200615124823j:plain
FF14のテスト結果(フルHD/最高品質)

ベンチマークだとFF14も快適評価です。

FF15:6592(快適)

f:id:korekai:20200615124831j:plain
FF15のテスト結果(フルHD/軽量品質)

ゲーム調整すれば、快適評価に。

PSO2:85616(快適)

f:id:korekai:20200615124834j:plain
PSO2のテスト結果(フルHD/最高品質)

ドラゴンクエストX:18089(すごく快適)

f:id:korekai:20200615124810j:plain
ドラゴンクエストXのテスト結果(フルHD/最高品質)

CrystalDiskMark

f:id:korekai:20200615124807j:plainf:id:korekai:20200615124817j:plain
CドライブのNVMe SSD(M.2 2280, 読込速度 3000MB/s, 書込速度 1000MB/s)をCrystalDiskMarkで計測。

シーケンシャル速度は3456.9 MB/s(読み込み)、1265.0 MB/s(書き込み)でした。

HDDと比較すると、OSやソフトウェアの立ち上がりはとても速いです。

CPUZ

f:id:korekai:20200615124805j:plain
CPUのシングルスレッドは491.6、マルチスレッドは2828.2でした。

CINEBENCH R20:2563pts

f:id:korekai:20200615124813j:plain
CINEBENCH R20のテスト結果


↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ Lightning AH5のレビュー・評価を見る

ドスパラ Lightning AH5のおすすめカスタマイズ

f:id:korekai:20200417110812j:plain

ドスパラ Lightning AH5は、オフィスソフトやライトなゲーム使いには十分な性能です。

ただストレージが256GB NVMe SSDのみとデータを多く保存したり、扱いたい方には容量不足です。そのため、HDDを追加すると良いでしょう。

■おすすめの変更カスタマイズ
・512GB NVMe SSD:5,000円+税

■おすすめの追加カスタマイズ
・HDD 1TB:5,800円+税
・HDD 2TB:7,100円+税


↓公式サイトで詳しく見る↓

ドスパラ Lightning AH5(カスタマイズ可能モデル)

ドスパラ Lightning AH5 実機レビュー:まとめ

f:id:korekai:20200615124133j:plain

・約7万円で購入可能なミニタワーパソコン
・オフィスソフトなど事務的な作業向き
・低価格ながらもゲーム用としても使える
・テレワーク用のデスクトップPCとして
・キーボード、マウスが標準で付属

以上が、ドスパラ Lightning AH5のレビュー内容です。

約7万円と低価格ながらオフィスソフトなどの事務作業をメインに、ゲーム用としても使えるデスクトップパソコンです。

ミニタワーサイズなので、様々な場所に設置可能。また標準でキーボードとマウスが付属するので、モニターさえあればすぐに使えます。

基本構成だとストレージが少ないので、データを多く保存したいなら1TBのHDDを追加するといいでしょう。もちろんUSBメモリ等やすでにお持ちの外付けHDD等で代用することも可能です。

オフィスソフトや検索のみの用途なら約6万円で購入できるMagnate IMを、もう少し予算とスペックを上げてゲーム用として使いたいなら以下の記事を参考にしてください。

【関連】高性能で安いおすすめゲーミングPCランキング

【関連】【10万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

【関連】【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング

↓公式サイトで詳しく見る↓

⇒ドスパラ Lightning AH5のレビュー・評価を見る

⇒ドスパラのミニタワーパソコン一覧

■購入時の注意点

クレジットカード払いの場合は、本人名義のクレジットカードが必須となります。

ドスパラは最大48回までの分割金利が0%なので、分割手数料は0円です。月々3,400円~の支払いでデスクトップPCを購入できますよ。
便利な分割支払いシュミレーターはこちら


ゲーミングPCのおすすめ記事

この記事以外にもゲーミングPC周りをまとめた記事があるのでご覧ください。

人気ゲーミングPCの実機レビュー

【ハイエンド】GALLERIA ガレリア ZZ 実機レビュー


【コスパ良】GALLERIA ガレリア XV 実機レビュー


【格安モデル】GALLERIA ガレリア DH 実機レビュー


【10万円以下】GALLERIA ガレリア RH5 実機レビュー


【10万円】GALLERIA ガレリア RJ5 実機レビュー


【ハイエンドノートPC】GALLERIA GCR2070RGF-QC 実機レビュー


おすすめのゲーミングPCまとめ記事

【ドスパラ】おすすめカスタマイズ・構成内容を徹底解説


【10万円以下】安くておすすめのゲーミングPCランキング


【15万円以下】おすすめゲーミングPCランキング


【高性能で安い】おすすめゲーミングPCランキング


【予算・価格別】おすすめゲーミングPCまとめ


【ドスパラ】ゲーミングPCおすすめランキング


【ドスパラ】ゲーミングノートPCおすすめランキング


【マウスコンピューター】おすすめゲーミングPCランキング