+ログ

物欲に+1するレビューブログ

【レビュー】体内時計を光療法で正常化「Pegasi Smart Sleep Glasses」

f:id:korekai:20180419000903j:plain
こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

睡眠不足からくる体の不調や睡眠障害、体内時計の乱れなど、睡眠に関して不安を持っている方は多いはずです。

今回はpegasiというメーカーから発売しているメガネ型のウェアラブルデバイスで光療法で睡眠障害などを緩和させたり、体内時計を整えたりできる画期的な製品を紹介します。

使い方は簡単、メガネと同じように装着するだけ。青い光は効果的にメラトニン(睡眠誘発ホルモン)の分泌を調整するので、朝や日中の眠たい時間、海外旅行時の時差ボケ対策として使うことができ、体内時計の調整が可能です。

このデバイスを適切な時に使用すれば、体内時計を調節でき、良質な睡眠を得られるというわけです。

Pegasi Smart Sleep Glasses


f:id:korekai:20180419001105j:plain


4.8



  • スマートでシンプルなデザイン

  • 集中したい時・眠たい時に使うと効果あり

  • かけ心地も良く、軽い

  • 折りたためない

特徴

f:id:korekai:20180419001228j:plain

PEGASIについて

アメリカ食品医薬品局に登録しており、アメリカ国立睡眠財団(NSF)のメンバーです。また、ヨーロッパのRoHS&CE、米国のFCCによって認証され、7件の特許を取得済。

有益な波長

有害な青色光をろ過し、100%UVフリー有益な波長(475-480nm)で、メラトニンという睡眠・覚醒に関わる ホルモンの分泌に合わせた体内時計を朝型にリセットし、眠りやすくなる睡眠サイクルをご提供します。

1台3役ー使い方は簡単

1.朝7時~9時の時間帯で1日1回約25分間かけるだけで、睡眠改善(体内時計リセット)可能。7日目ぐらいからリセットの効果があります。

2.海外出張の多い人は、渡航先の8時-21時の間に使用すれば、日中の眠気を強制的になくし、夜間は自然に眠ります。

3.眠たいと感じた時に15分間装置すると眠気が無くなります。

超軽量素材

世界最軽量の光線療法用メガネ。重さはわずか36.9gと非常に軽いため、読書や作業の際に使用しても気になりません。

レビュー

f:id:korekai:20180419000638j:plain
こちらが光療法でメラトニンを抑制することで体内時計の調整を行うことができる画期的なウエアラブルデバイス「Pegasi Smart sleep glasses」です。

例えば昼夜逆転したり、寝る時間がバラバラの方からすると、日中など眠気がある時にこのデバイスを使うことで眠気を緩和でき、寝なければいけない時間にしっかりと睡眠がとれて、体内時計を正常することが可能となります。


f:id:korekai:20180419000728j:plain
パッケージのクオリティは高め。精密なデバイスなため、クッション材などしっかりとした作り。

このように梱包されているのにはわけがあり、サングラスやメガネように折りたたむことができません。この点少し持ち運びしづらいというのはあります。


f:id:korekai:20180419000732j:plain
本体以外に入っていたのは滑り止めのゴムと充電ケーブル、取扱説明書となります。


f:id:korekai:20180419000735j:plain
取扱説明書は日本語に対応しており、図などで説明されている分とてもわかりやすくなっています。


f:id:korekai:20180419000742j:plain
このデバイスの技術はNASAが国際宇宙センターに設置し、宇宙飛行士が睡眠薬に頼らなくても正常な体内時計を維持するために使われていたり、ディスプレイやスマホ画面のブルーライトカットは適正な量のメラトニンを調整するために使われていたりします。

使い方は¥約25分間照射します。ブルーライトはある程度の眩しさがありますが、安全な設計のため、心配はないみたいです。

毎日続けるとメラトニンが抑制され、寝る時間になれば自然と眠たくなるという仕組み。実証実験では最低3日以上続けた人の98%が効果を実感している結果あるとされています。

使っている際は読書や作業していても大丈夫です。目を閉じたり、運転中は控えてくださいとのこと。


f:id:korekai:20180419000746j:plain
フレーム部分に電池が内蔵されているため、メガネなどに比べると大きめ。


f:id:korekai:20180419000749j:plain
全体的にシンプルでスマートなデザイン。シリコンのような素材です。滑り止めのゴムが付いていますが、なくでもそうそう滑らないでしょう。


f:id:korekai:20180419000752j:plain
内側のノーズレスト部分が青く光り、眠気を誘うメラトニンを抑制してくれます。


f:id:korekai:20180419000759j:plain
重さも39gと軽いので25分の使用程度ならまったく問題ありません。


f:id:korekai:20180419000802j:plain
かけて右側にはスマートタッチ式の電源ボタンがあり、タッチするとバイブが振動します。2回連続でタッチすれば点灯します。


f:id:korekai:20180419000805j:plain
f:id:korekai:20180419000808j:plain
暗い部屋でみるとかなり明るい光だとわかります。慣れるまでは眩しいですが、目を閉じずに25分間使用しましょう。

症状やシーン別の使用方法

f:id:korekai:20180419001222j:plain

眠れない、朝起きれない、夢を良くみる、生活リズムの乱れからくる睡眠障害など

毎朝7時〜9時の間に25分間照射し、7日後から効果が現れてきます。

早朝覚醒

毎晩19時〜21時の間に25分間照射し、7日後から効果が現れてきます。

海外旅行時の時差ボケ

現地時間の8時〜21時に25分間照射し、2日後から効果が現れてきます。

※13歳以下、目の病気がある方、運転中など使用が禁止されているケースがあります。その他不明点がある場合はメーカーに問い合わせるといいでしょう。

使ってみて

■よかった点
・スマートでシンプルなデザイン
・集中したい時・眠たい時に使うと効果あり
・かけ心地も良く、軽い

■気になった点
・折りたためない
・やや眩しい

こんな人におすすめ

・海外旅行や出張の際の時差ボケ対策に
・睡眠障害、体内時計の改善に

まとめ

f:id:korekai:20180419000812j:plain

仕事柄たまに帰りが遅くなったり、休日は疲れて夕方まで寝ていたりと、正直生活リズムはよくありません。

初めは半信半疑で使っていたところ、5日目あたりから日中の眠気があまりしないことに気がつきました。

主に平日の朝の出勤前に25分間使用しているだけで効果が出てくると少し感動したのを覚えています。

この製品のいいところは読書やテレビなど何かしながらでも良いという点ですね。朝の支度の際などでもいいのです。

睡眠に満足していない方、日中眠たい方など自分のニーズに合う方はぜひチェックしてみてくださいね。


pegasi様のご厚意により10%OFFの割引コードを発行して頂きました。
有効期限は5/30迄ですので、購入の際は是非ご活用ください。

10%OFFクーポン:P3PPKRT9

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

特定の方に需要のある製品でした。機関※1の認証を取得しているので安心して使えます。

※1:アメリカ食品医薬品局は、アメリカ合衆国保健福祉省配下の政府機関。連邦食品・医薬品・化粧品法を根拠とし、医療品規制、食の安全を責務とする。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000033130.html