+ログ

物欲に+1するレビューブログ

何度も鍵を無くす人へおすすめしたい紛失防止タグおすすめ5選。財布やスマホの紛失防止にも。

f:id:korekai:20170221203918j:plain

こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

※8/22 更新 Amazonで高評価な紛失防止タグを3つ追加しました。

スマホ、財布、鍵、定期入れなど無くした経験がある方は多いのではないでしょうか。

自分も1年ほど前に財布を無くし交番へ行きましたが、結局見つからず免許書や銀行カードなどのカードを類をすべて再発行する羽目に・・・。

鍵も無くすと解錠に万単位のお金がかかることも多く、無駄な出費に繋がってしまいます。

そんな誰でもが一度は経験するであろう物の紛失を防止し、万が一落とした時も発見率を格段にあげれくれる便利グッズがあります。

今回紹介するのは紛失防止タグと呼ばれるものです。いろんな種類があるので特徴やポイントをまとめてみましたので、購入を検討されている方や気になっている方は参考にしてもらえたらと思います。

紛失防止タグって?


f:id:korekai:20170221203620j:plain

紛失防止タグはスマホや財布、鍵などにつけておくことで万が一落としたとしても発見率を上げてくれる画期的な製品です。

どういう仕組みかというと、紛失防止タグとスマホがBluetoothなどで接続されており、落とした際にスマホとタグの距離が一定以上離れた場合に通知してくれるというものが一般的です。

落とした事がすぐに分かるのと、落とした位置をスマホのGPS機能を使って探すことができます。

鍵以外にもペットの迷子札、子供の迷子防止やロードバイクなどの盗難されやすい物につけて利用する方も居られます。

紛失防止タグ5選

MAMORIO(マモリオ) - 世界最小級の落し物防止タグ

f:id:korekai:20170221215743j:plain

・置き忘れ時にはアラートでお知らせ
・雨に濡れても大丈夫、防滴仕様
・約1年間の連続稼働が可能
・紛失場所をマップで確認
・紛失時も安心。24時間365日サポート

MAMORIOは『なくすを、なくす。みんなで、さがす。』をコンセプトに世界最小の落し物追跡タグです。

置き忘れをして、MAMORIOを入れた持ち物から一定の距離を離れてしてしまった場合、スマートフォンがアラートで無くしたことをお知らせするので、置き忘れによる紛失を未然に防げます。

紛失場所を記録しているので、スマートフォンを確認すればどこで大切な持ち物を無くしたかをすぐに確認することができます。

MAMORIOの特徴の一つとして、MAMORIOユーザー間の相互ネットワークによるクラウドトラッキング(すれ違い追跡)機能があります。この機能はMAMORIOを持っている人が多ければ多いほど、紛失したものを見つけやすくなるというものです。

落とした際にクラウドトラッキングモードをオンにすると、MAORIOに登録するユーザーが落としたタグを探すことができるので、タグの近くを通ったときに、紛失した持ち主に場所を使えることができます。

今回紹介する中で一番おすすめできる紛失防止タグでしょう。

専用アンテナ設置でさらに早期発見へ

※10/4 追記
相互直通運転社局(京急電鉄,東京都交通局,京成電鉄)にMAMORIOの専用アンテナが設置されたことにより、ますます紛失時に早期発見が期待できます。今後もこうした専用アンテナが設置されるのと利用ユーザーが増えるとよりユーザーの利便性が高いサービスとなるでしょう。

紛失防止タグ「MAMORIO」を付けた所持品を紛失し、所持品が専用アンテナ設置に届けられた場合、所持品の位置情報を持ち主であるお客さまのスマートフォンに自動的に通知するサービスです。
国内外の玄関口である羽田空港成田空港につながる京急線、都営地下鉄、京成線では、落し物やお忘れ物が多く届けられております。本サービス開始により、落し物の早期発見、迅速で確実な引渡しを実現することで、お客さまに対するサービス向上を図ってまいります。

MAMORIO株式会社のプレスリリースはこちら

Tile

f:id:korekai:20170221214617j:plain

・約30メートルの Bluetooth の範囲内であれば呼び出す事ができます
・世界で最も売れているBluetoothトラッカー
・Tile側のボタンを2度押しすれば、スマートフォンを鳴らして見つることが可能
・耐水性:IP5規格
・約1年間の連続稼働が可能

Tileは世界で最も売れている紛失防止タグです。

シンプルにインターネット環境が無くてもBluetoothがONになっていれば作動します。無くした場合でもTileをクリックすれば音を鳴らして知らせてくれるので、スマホや鍵との相性が抜群です。

NUT-MINI

f:id:korekai:20170221222337j:plain

・失くし物を探すときに便利なキーファインダー
・1つのスマホで6個のNUTを登録できる
・スマートフォンの距離が離れるとビープ音で通知
・スマートフォンとBluetooth接続が切れた位置の記録が確認ができる
・ペットの首輪にも大活躍

NUT-MINIは1つのスマートフォンで最大6個のNUTを登録できます。

スマホと距離が離れるとビープ音で通知され、最後に通信できた場所を記録してくれます。ペットの首輪にもつけれるので迷子防止になります。

find

f:id:korekai:20170221222548j:plain

・スマホを置き忘れると、FINDからブザーが鳴り知らせてくれます
・電池交換が可能 3V 非充電式 コイン型電池- CR 1632を使用
・どのような物にも取り付け易い
・1台のiphoneで8個のタグを操作可能(Androidは1台で1個)
・約50mの範囲で検知することができます

findは雑誌などにも取り上げられ、MAMORIOと同じく注目されている紛失防止タグです。

NUT-MINIよりも多い最大8個のタグを操作可能で、他のタグよりも優れている部分が多いです。

スマホとタグが設定した範囲を離れると、鍵やバックに取り付けたFINDタグからブザー音がなります。 FINDが追跡範囲を出た場合、FINDの内蔵アラームが1分間鳴りつづけるので、海外旅行中の盗難や子供の迷子におすすめな紛失防止タグです。

またカラーも豊富で、紛失防止タグでは少ない電池交換ができるのでコスパがいいです。

TrackR

f:id:korekai:20170221214552j:plain

・一定距離(約30m)離れると、アラートを鳴らして置き忘れ警告してくれる
・アプリを操作し、TrackRデバイスを鳴らし、すぐに場所の特定が可能
・トラッキングネットワークでTrackRユーザーが多ければ多いほど紛失物が見つけやすい
・クラウド GPSにより、紛失物の追跡が可能
・コインサイズのコンパクトなデバイスで、簡単に取り付けられる

TrackRもMAMORIOと同じでトラッキングネットワークでTrackRユーザーが多ければ多いほど紛失物が見つけやすい仕組みがあるので、Bluetooth範囲外になったとしても発見できる可能性が高くなります。

TrackR社は累計350万以上のデバイスを出荷しており、アメリカのニューヨークやロサンゼルスでのクラウドGPSのエリア密度は非常に高く、アメリカに旅行行く際は持っておくと安心です。

Aosnow キーファインダー

f:id:korekai:20170822212738j:plain

・カラーボタンを押すと、ビープ音が鳴り紛失物を見つけられる。
・強い無線周波数が壁、床、クッション、革製品などでも電波が届き、最大約50メートル範囲で遺失物の位置を特定します。
・キーホルダー用の穴付きでキーリングに最適
・Amazonで100件を超えるレビューで4.3と高評価

Potensic キーファインダー

f:id:korekai:20170822213400j:plain

・ボタンを押すと、ビープ音が鳴り紛失物を見つけられる。
・最大40メートルの範囲で紛失物を見つけられる。
・6つの受信機が付属し、鍵や財布など大事なものを紛失から保護します。
・Amazonで50件を超えるレビューで4.2と高評価

Esky キーファインダー

f:id:korekai:20170822214041j:plain

・コンパクト&かわいいデザインで、持ち運びがやすい。
・カラーボタンを押すと、ビープ音が鳴り、ビープ音が鳴り紛失物を見つけられる。
・最大25メートルの範囲で紛失物を見つけられる。
・Amazonで100件を超えるレビューで4.2と高評価

まとめ

f:id:korekai:20170221221932j:plain

いかがでしたでしょうか。レビュー評価、性能を考えると『MAMORIO』一択ですが、最近はAosnowやPotensicなどのキーファインダーも評価が高くAmazonで人気となっています。それぞれ特徴がありますが、アプリ連携や範囲が広い物、電池を交換できるものがいいでしょう。

家の外だけでなく、鍵を部屋の中でよく無くす方にもおすすめできます。財布や鍵は無くしてからは遅いので、1つ3000円程度で買えるなら安いと思います。

紛失して困っている未来の自分に投資してみるのはいかがですか?

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

Amazonで紛失防止タグを探す