+ログ

物欲に+1するレビューブログ

【レビュー】スマホでVRを楽しむなら「Canbor VRゴーグル」がBluetoothコントローラー付きでおすすめ

f:id:korekai:20170814230453j:plain

※10/29 追記:Canborの第3世代モデルをレビューしました。

こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

去年はVR元年と呼ばれ、HTC VIVEやOculus Rift、PlayStationVRなど多くのVRゴーグルが発売され、VRコンテンツも増えてきました。

ハイエンドモデルを買わなくてもスマホで楽しめるVRゴーグルも様々なメーカーから発売されており、去年に比べて製品クオリティも向上しています。

今回はCaborさんから発売されている「Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属」を紹介・レビューしたいと思います。

Canbor VRゴーグル Bluetoothコントローラ付属



4.3



  • 磁石で開閉できる

  • マジックテープでヘッドバンド調整ができる

  • Bluetoothリモコン付き

  • 瞳孔間距離と焦点距離が調節しやすい

カラー
サイズ 192mm*162mm*122mm
重量 305g (VRグラスのみの場合)
スクリーン解像度 720P~1080P
視角(FOV) 102度
適合機種 幅85mm以内、長さ165mm以内の4〜6インチのスマートフォン IOS/Android

特徴

プライベートシネマ

VRヘッドセットによる3つの驚きの視界体験。

・独自のIMAXラグジュアリージャイアントスクリーンシアター、1600インチバーチャル巨大スクリーン、3D映画の驚愕エフェクト、フルビュー、ゲームにも対応。

・イメーション 3Dビデオ・ゲーム・ムービー体験、3D臨場感、アクション、シューティング、RPGローミングでゲームを楽しめます。

・3Dパノラマローミング、360度イメーションVIPステレオビューにより、立体感や臨場感を十分に楽しめます。

非球面光学レンズ

・Canbor VRグラスは光学レンズ技術を採用。ナノ工程レンズは非球面レンズ使用により、より高精密、高透過率で目を守ります。HDアンチブルーレイ鋼化ガラスフィルムはグラス表面でブルーライトを軽減し、目を守り疲れにくくなっています。超3D映像効果と素晴らしいフィーリングを提供します。

通気快適なデザイン&調節可能

・Canborバーチャルリアリティゴーグルは人間工学に基づいたヘッドベルトのデザインと顔が接する面にソフト革を使用し顔を保護します。前蓋は着用中に蒸れたり過度の発熱を防止。三つのベルトの長さをそれぞれで調節でき、頭の負担を軽減し、しっかりと固定でき、より快適に使用できます。

・調整可能な瞳孔間距離(PD)と焦点距離(FD)、レンズ位置を別々に調整すれば両眼度数が違う方でも素晴らしい映画やゲームの仮想現実を体験できます。

各機種対応

・背面は平らの4.0から6.0インチまでのスマートフォン(iPhone6 Plus含み)に適したCanbor VR 3Dメガネ。長さ(最大): 165mm、 幅(最大):85mm。対応機種:Samsung Galaxy Note 4/Galaxy Note 3/ Galaxy S6/iPhone 6s/iPhone 6/iPhone 6 Plus/iPhone 5c/iPhone 5s/iPhone 5/SONY Xperia Z3+/Desire 816その他。※曲面スマホは非対応

スマホでVRコンテンツを楽しむ

f:id:korekai:20170814230158j:plain
Canborさんよりサンプルとして提供していただきました。

※10/29 追記:第三世代のVRゴーグルはこちらのレビュー記事を見てください。
【レビュー】大人気VRゴーグルがさらに進化!「Canbor VRゴーグル 3rd gen」 - +ログ


f:id:korekai:20170814230201j:plain
入っていたのは本体の他、取説、Bluetoothコントローラー、ウェットシート、3Mシール(スマホボタンの干渉防止用)、レンズ拭きクロスです。


f:id:korekai:20170814230207j:plain
取説は本体用とBluetoothコントローラー用の2つが付属。両方とも日本語に対応しています。


f:id:korekai:20170814230212j:plain
こちらが本体です。カラーはブラックのみ。4〜6インチのサイズに対応しているため少し大きめです。非光沢でホコリや指紋は目立ちません。

重さは約300gで、視角(この角度が大きいと、物体は大きく見える)は102度となります。


f:id:korekai:20170814230217j:plain
高伸縮性のヘッドバンドは横方向と装着した際にずれにくくなっており、人間工学に基づき設計されいるのでつけ心地がいいです。


f:id:korekai:20170814230225j:plain
ヘッドバンドの長さはマジックテープで調整できるので、頭のサイズに合わせて調整できます。調整方法はまず緩めにしてVRゴーグルを装着してからマジックテープで締める方法がおすすめです。


f:id:korekai:20170814230228j:plain
目の周りにはクッション性の高い素材で作られており、長時間付けていても目が圧迫されず、疲れにくいです。


f:id:korekai:20170814230232j:plain
赤い矢印は瞳孔間距離調節つまみ、青い矢印は焦点距離つまみです。自分が見やすいように調節可能です。


f:id:korekai:20170814230237j:plain
本機のフロント部分を開けるとスマホを収納する部分があります。レンズ側にはホコリや指紋が付きやすいので付属のクロスで定期的に掃除しましょう。


f:id:korekai:20170814230242j:plain
5.2インチサイズのNexus5Xを装着してみました。

もし装着時にスマホ側のボタンと干渉する場合は付属の3Mシールで調整できます。※詳しくは取説参照


f:id:korekai:20170814230246j:plain
4インチサイズのiPhone5sもこのように取付可能です。


f:id:korekai:20170814230255j:plain
本機のポイントと言ってもいいマグネット式。開閉が非常に楽で便利です。


f:id:korekai:20170814230258j:plain
フロントカバーが外せるのはスマホの冷却用となります。長時間使用すると熱くなりがちなので、そういった時にスマホをわざわざ取り外さなくてもいい点は考えられて作られていますね。


f:id:korekai:20170814230302j:plain
本機の横からケーブルを通せるので充電しながらの使用も可能です。


f:id:korekai:20170814230306j:plain
メーカー公称値は302gでしたが、量ってみると352gでした。


f:id:korekai:20170814230311j:plain
Bluetoothコントローラーが付属しており、様々な用途で使えます。※ミュージックモード・ゲームモード・マウスモード・VRモード

わざわざスマホをゴーグルから外さなくても操作できるのは便利です。単4電池2本で動作します。(電池は別売り)


f:id:korekai:20170814230316j:plain
iOSとAndroidの切り替えが可能です。

プラネタリウムVR

f:id:korekai:20170815120107j:plain

f:id:korekai:20170815120110j:plain

今回は現時刻で見える星空をVR空間で楽しめるアプリをDLしてみました。他にも様々なVRアプリがあるので各アプリストアやYoutubeなどで探してみてください。


プラネタリウムVR

プラネタリウムVR

開発元:Taosoftware Inc.
無料

posted with アプリーチ

使ってみて

■よかった点
・磁石で開閉できる
・マジックテープでヘッドバンド調整ができる
・Bluetoothリモコン付き
・瞳孔間距離と焦点距離が調節しやすい


■気になった点
・なし

こんな人におすすめ

・VRアプリを楽しみたい方
・Youtubeなどで3D動画を見たい方

完成度が高いVRゴーグル

f:id:korekai:20170814230323j:plain

今回はプラネタリウムのアプリをDLしてみましたが、Youtubeには沖縄の美ら海水族館のVR動画があるので是非見てみてください。

製品のクオリティですが、磁石で開閉できるのはすごく便利です。4〜6インチのスマホに対応し、取り付けも簡単です。

これまでVRが気になっていた方もこの機会にVRコンテンツを楽しんでみてはいかがでしょうか。


今回Canbor様のご厚意により10%OFF(3,770 → 3,170円)の割引コードを発行して頂きました。
購入の際は是非ご活用ください。

10%OFFクーポン:TSEW3BBS

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)

個人的にはVRよりMRの方が興味があります。まだまだどちらも発展途上なので今後の進展に注目です。