+ログ

物欲に+1するレビューブログ

【Amazon Launchpad】日本のスタートアップの革新的な製品を紹介してみる

f:id:korekai:20170203220401p:plain

こんにちわ。ORIH(@orih_k517)です。今日は『+ログ』の記事を読みに来ていただきありがとうございます。

自分は2010年からAmazonプライム会員になって買い物を続けていますが、先日今までにいくら使ったのか調べたところ、144万円使っていました。画像はこっそり記事の一番下に貼っておきますw

平均すると1年間で20万円ほどです。物欲センサー全快で買いまくって浪費しまくってた時期もあり、今は本当に必要なものだけを買うようにしていますが、ちょっと変わったものや他のブロガーの方が紹介しているものを見るとつい欲しくなってポチってしまいます。

まぁそうやって今日もAmazonサーフィンしてたわけですが、先日Amazonが面白いサービスを開始しました。

その名は、

Amazon Launchpad
新発想をこの手に


Amazon Launchpadは、「新発想をこの手にという」キャッチフレーズで見てるだけで興味をそそられる近未来的で革新的な製品を数多く紹介しています。

Amazon Launchpadとは?

スペースシャトルの発射台を意味する"Launchpad"。 Amazon Launchpadとは、日本のスタートアップ*の革新的な製品を、日本や世界各国の数百万人のAmazonのお客様にご紹介するとともに、スタートアップにマーケティングおよびセールスサポート、配送サービスを提供する、まさにロケットの発射台のごとくスタートアップのスピードを加速させるプログラムです。また「Amazon Launchpadストア」は、ウェアラブル、スマートホーム、知育・学習玩具など、日本のスタートアップが生み出したユニークでエキサイティングな商品をお客様に提供するワン ストップショップです。また、世界各国のAmazonのお客様は、その国だけでなく世界中のスタートアップによる革新的で素晴らしい製品の数々をお買い求めいただけます。
※スタートアップ:革新的なビジネスモデルで起業をして、社会に貢献、大きい成長を日々続ける企業

主に、日本のスタートアップが作った製品を紹介しているみたいです。最近だとクラウドファンディングが流行っていますよね?日々新しいものが世に送り出されているわけです。意外にもこんなのがあったらいいなと思うものでも、世界の誰かがとっくに製品化していて実は知らないだけというケースもあると思います。

という事もあり、世界のみんなが大好きAmazon先生がスタートアップの革新的な製品を紹介してくれてスタートアップ企業は自社製品の周知ができてWin、Amazonは売れてWin、顧客もいい製品を購入できてWinとWin-Win-Winなサービスなのです。

という事で今日も物欲センサー全快で、ちょっと変わった、新しい、面白い商品を紹介してみたいと思います。


プロジェクタ搭載の可変型ホームロボット Tipron

なぜかこれが一番初めに気になってクリックしたわけです。そのお値段、¥248,184!たかっ。

f:id:korekai:20170203221518j:plain:w500
出典:https://tipron.cerevo.com/ja/

これは何かというとプロジェクタを搭載した可変型ホームロボットみたいです。壁や、天井などどこでも角度を変えて最大で80インチまで投影ができるハイテクロボット。しかも時間や曜日指定をすると、その時間に自動で稼働してくれるみたいです。またロボット大好きな男心をくすぐられる機能があって、待機中はアームが折りたたまれた状態で、投影するときに変形するんですwまぁよくも面白い物作ったなと思いました。でもこれ高すぎだろ・・・。誰が買うの?ってなりましたけど、会社のエントランスにこれあって自社サービスの宣伝とかいいなーって思いました。


窓の戸締まりをスマホで一括チェック leafee mag

皆さんの中で心配性の方は居られるでしょうか。自分はよくエアコン止めたかとか、電気消したっけとか、考え事しながら外出した際に戸締りしたっけ?など思うときがあります。そういった悩みを解決してくれるのが、窓の戸締まりをスマホで一括チェックできるleafee magという製品があります。これは窓の鍵の閉め忘れを、二つのセンサーを使って判断してくれてその情報をBluetoothでスマホに転送し確認することができます。

この製品のいいところは窓の戸締りではなく様々な所に使える点です。

  • 冷蔵庫の閉め忘れ
  • 引き出し
  • エアコンの消し忘れ(羽の部分にセンサーを付ける)


などなど、アイデア次第ではいろんなところに使えそうです。戸締りを確認したいときって「出かけるとき、出かけたあと、寝るとき」なので、わざわざ家中確認しなくてもスマホで確認できるのがスマートで○。これはちょっと買ってみて、いろいろ試してみたいと思います。エアコンとかいいですよねー。

しかもこれ、1個2,138円と安い・・・。後日レビューします。

レビュー記事を書きました。
【IoT】家の窓の戸締りをスマホで管理できる『leafee mag(リーフィ・マグ)』をレビューしてみる - +ログ


赤ちゃんの気持ちがわかる Listnr

赤ちゃんの気持ちがわかる?( ,,`・ω・´)ンンン?そんな近未来的なものがあるのかと。

なんとこれ「乳児の声から、4種類の感情を分析」してくれる装置みたいです。

乳幼児を持つ家庭向けの基本機能として、パナソニック株式会社からの提供技術をもとに開発した音声認識システム「xauris(ゾウリス)」を搭載。Listnr周辺の音をインターネット経由でアップロードし、xaurisで分析することで、乳児の声から「泣く」「笑う」「叫ぶ」「喃語(乳児が発する言葉にならない声)」といった4種類の感情を認識します。

乳児の声から感情を判断しそれを9種類の光で知らせてくれて、これもスマホに転送されて確認もできるみたいです。例えば、新婚で赤ちゃんが生まれたばかりの男性の方ならわかると思いますが、早く仕事を切り上げて家に帰って子供の顔が見たいって思うはずです。元気にしてるかなとか仕事中に気になりませんか?その時にこのListnrが解析してくれた子供の感情情報がスマホに転送されて仕事中でも子供の様子を知ることができる画期的な製品みたいです。

確かにこういう製品て需要ありそうですよね。子供が生まれたら買って自分の親にプレゼントすると喜ばれるかもしれませんね。孫の感情がスマホ分かるってすごい時代になったなって思いました。

価格は少し高めの¥18,252。自分の子供が生まれるって、一生に数回しかないのでそう考えると安いかも?


耳が痛くならないワイヤレスエアーヘッドホン VIE SHAIR

なにこれかっこいい。って耳が痛くならないって書いときながら、画像見たらめっちゃ痛そうな形してる・・・。

VIE SHAIR(ヴィー・シェア)は、メガネなどに使われる柔軟で丈夫な特殊樹脂を使用し、人体に合わせて3Dデザインした"エアーフレーム"により、 本体が耳に触れないで音楽を楽しめるため、装着時のストレスが少なく、長時間つけても痛みが発生しない世界初のワイヤレス・エアー・ヘッドホンです。

ほう。。。本体が耳に触れない構造なんですね。しかもこれ、有名クラウドファンディングサービスのKICKSTARTERで731人から$175,112調達しているみたいです。後これ、ヤマハと共同で開発なんですね。



f:id:korekai:20170203224655j:plain

f:id:korekai:20170203225637j:plain

商品の最大の売りは「痛みが少なく長時間装着ができる、音楽を無線で共有しながら会話ができる」みたいです。

使えるシーンは、周囲の音を聞きたいとき(コミュニケーション)、集中したいときの両方で使えるらしいのですが、どうしてこういう事ができるのかそれは独自のエアーフレーム構造がポイントみたいです。

  • オープン・エアーフレーム
  • クローズド・エアーフレーム


オープン時は通気性がよく、音楽を聴きながら周囲の音を聞けます。自分ならコーディングしてるときにオープンで音楽を聴いて、ディレクターから声をかけられてもすぐに気づけるというシーンで良さそうです。

クローズ時は集中したいときですね。これは通常のヘッドフォンと同じ状態なんでしょうね。オープン、クローズを様々なシーンで切り替えれるハイテクなヘッドフォンですが、気になるお値段は¥39,900!どこかで体験してみたい。もしよかったら買うかもしれませんw


これ一つで豆からコーヒーが飲めるタンブラー カフラーノ

これ一つで豆からコーヒーが飲めるタンブラー「カフラーノ」。無類のコーヒー好きをきっと、うならせてくれるタンブラーでしょう。ハンドミル、ケトル、フィルター、タンブラーと全てこの1つのタンブラーに収められています。


f:id:korekai:20170203230755j:plain:w500

これを買って会社でドヤ顔コービーブレイクしたいですね。これもクラウドファンディングKICKSTARTERで658人の支援、€31,524を調達しています。Amazonの評価でも★4.4と高評価。購入者からいいレスポンスが返ってきてるようですよ。


世界最小級の落し物防止タグ MAMORIO

鍵や財布、スマホを落としたり無くしたりした人って多いと思います。それを解決してくれるのが「MAMORIO(マモリオ)」です。

MAMORIOはスマートフォンと連携して、あなたの「大切なモノ」の紛失を防ぐ、世界最小クラスのIoTデバイス。

なくすを、なくす。というコンセプト。これなんかかっこいいw


f:id:korekai:20170203232505j:plain:w500

この手の製品は基本的にBluetoothとスマホとペアリングして、距離が遠くなった時にアラームを鳴らして気づかせてくれるという仕組みですが、このMAMORIOは音を鳴らして知らせてくれるアラート機能がありません。じゃあ、どうするのか「みんなで、さがす。クラウドトラッキング機能」という検索機能が備わっています。

クラウドトラッキング機能は、MAMORIOのアプリを入れているユーザー同士で協力して落し物を探す機能です。オンにすると、他のユーザーが紛失したMAMORIOとすれ違ったとき、その場所を知らせてくれるので、MAMORIOを利用している人が多ければ多いほど紛失物を発見できる確率が上がるということです。

一つ、¥3,780と高い気もしますが、財布に入れておくと万が一落としても探しやすい点を考えると安いですね。見つからなかった場合はクレカや免許書、キャッシュカードの再発行がめちゃくちゃめんどくさいので一つ買うのはありだと思います。

1点注意なのは、MAMORIOの寿命は1年です。しかも電池交換不可・・・。1年を¥3,780で課金すると考えた方がいいかもしれません。

f:id:korekai:20170203232233j:plain
今なら1個買うともう1個もらえるスペシャルチケットが同梱するみたいです!

こちらの商品にはキャンペーンとして、MAMORIOを1つ無料で手に入れることができるスペシャルチケットが同梱されています。スペシャルチケットはMAMORIOの電池が切れた際の新規のものとの交換用としてだけでなく、家族や友人、同僚へのプレゼントとしてもご利用いただけます。

一つ買って、財布と鍵につけよう。


最後に

という事でいかがでしょうか。まだまだ面白い、変わった、革新的な製品がたくさんあります。今回自分は窓の戸締まりをスマホで一括チェックできる「leafee mag」を購入しました。後日レビューしますね。

レビュー記事を書きました。
【IoT】家の窓の戸締りをスマホで管理できる『leafee mag(リーフィ・マグ)』をレビューしてみる - +ログ

こういう製品を考えて世の中に出す人たちの情熱ってすごいですよね。自分も少しは見習わないとと少し考えさせられました。技術先進的でいい製品がたくさんあるなか、埋もれていって需要がある方たちの目に届かないのが一番ダメだと思います。その点をAmazonが顧客基盤を活用して、マーケティングから発送まで任せろ!と、さすがAmazonですね。

自分は今年、クラウドファンディングなどでいい製品があれば積極的に少なからず支援しようと思っています。どんどんこの世の中にいい製品が出てくることを願って。


Amazon Launchpad 新発想をこの手に


f:id:korekai:20170203235703p:plain:w100
Amazonでの購入総額を調べる方法(2016年11月更新版) | メモトラ

最後まで『+ログ』の記事を読んでいただきありがとうございました。

記事を書いた人:ORIH(@orih_k517)